Pocket

6月24日、山口県で行われた第102回日本陸上競技選手権大会(維新百年記念公園陸上競技場)において、湯上剛輝選手が円盤投げで優勝しました!

62m16という記録は、自身の持つ日本ろう記録はもちろん、日本記録をも更新することとなりました。

昨年行われた第23回夏季デフリンピック大会では、55m58で銀メダルに終わった湯上選手。
デフリンピック終了後「この悔しさをバネに、日本記録を更新できるよう頑張ります」と宣言。

今回有言実行し、日本記録更新という最高の形での優勝となりました!!

【湯上剛輝選手が第18回アジア競技大会日本代表に選出されました!】

8月25日~30日にインドネシア・ジャカルタで行われる第18回アジア競技大会日本代表に湯上選手が選ばれました。
https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1274/#link-01

以下、湯上選手よりコメントをいただきました!

「日本選手権初優勝&日本記録ということで素直に嬉しいです。今までやってきたことが全て出た理想の試合展開でした。62m16は5投目に投げましたが、抜けてしまって振り切れてないにも関わらず、かなり伸びていって自分でもびっくりでした。
日本選手権の投げを見てるとまだまだ伸び代はあるので、もっと練習を積んで63、64mと伸ばしていきたいです。
アジア競技大会は初めての選出となりますが、今まで出た試合でもかなりレベルの高い試合が予想されます。アジア勢もレベルが上がってきていますが、負けずにガンガン食い込んでメダルを目標に戦いたいと思います。応援よろしくお願いします。」

おめでとうございます!
皆様、応援をよろしくお願い致します!!

本当におめでとうございます!!

男子円盤投げ銀メダル 湯上剛輝選手