一般社団法人日本聴覚障害者陸上競技協会(Japan Deaf Athletics Association)は、デフにおける陸上競技界を統轄し、代表する団体として、デフの陸上競技の普及および振興を図り、デフの心身の健全な発達に寄与することを目的としています。

会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

ご挨拶文

日本聴覚障害者陸上競技協会会長  下防 健太郎

 平素より、日本聴覚障害者陸上競技協会の発展及び普及にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 本協会も2002年に設立してから、早くも13年経ちました。
 この13年間、様々な国際大会をデフアスリートと共に経験を重ねてきました。2008年イズミール(トルコ)で開催された第1回世界ろう者陸上競技選手権大会、2009年第21回デフリンピック(台北)、2012年第2回世界ろう者陸上競技選手権大会(トロント)、そして、2013年第22回デフリンピック(ソフィア)と、回を追うごとに派遣者数も増え、デフアスリートの競技レベルも向上しました。これはデフアスリートたちの努力はもちろんのこと、多くの方に支援と応援をいただいたおかげです。心より感謝申し上げます。
 今後、日本陸上競技連盟と連携を図り、聴覚障害陸上競技の知名度をあげること、デフアスリートが思う存分、陸上競技に力を発揮でき、青少年育成の環境を整えることに尽力していく所存です。
 また、昨年は国際ろう者陸上競技連盟を設立し、初代会長に就任いたしました。国際舞台で多くのデフアスリートが輝けるよう、精進してまいります。いつかは世界ろう者陸上競技選手権大会を日本で開催することを目指し、活動してまいります。
 平素よりお世話になっております日本身体障害者スポーツ協会、全日本ろうあ連盟、ニシスポーツ株式会社様、大塚製薬会社様、美津濃株式会社様の皆様に改めてお礼申し上げます。
 今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

お気軽にお問い合わせください。

Sponsor

=======================

=======================

=======================

=======================

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.